​最新のスタッフ日記

金沢|近江町市場のお取り寄せ

2021.05.14

近江町市場300年

金沢|近江町市場のお取り寄せ

2021.05.13

近江町のゲスト

金沢|近江町市場のお取り寄せ

2021.05.08

ヤマカのばんちゃん

金沢|近江町市場のお取り寄せ

2021.04.30

お陰さまで1周年!

枠.png
枠.png

2021.04.10

ホタルイカ漁潜入!vol.2

橋本さん.gif
金沢|近江町市場のお取り寄せ

投稿スタッフ

さて、前回は、ホタルイカがキラキラ青色に発光するところまでをご説明しましたが、ホタルイカ漁の本番はここからです!
是非ページ一番下のyoutubeの映像とともに臨場感を味わっていただけたらと思います!

ホタルイカの発光を堪能した、そんな貴重な時間の後には、両船再度電気を灯し、ここから今度はタモのみでホタルイカを引き揚げる作業が始まります。漁師さんが引き上げるたびに「うぉー」と唸りながら持ち上げるほどの重量です。それをひたすら、全てをすくい上げるまで続けます。
そしてすくい上げた横では、定置網にかかったホタルイカ以外のお魚等との選別作業が始まります。
ポーンポーンと海に投げ返されたり、値のある魚やイカなどは選別されて他の箱に。
トータル1時間ほどでひとつの定置網の漁が終わりました。
そして、間髪を入れずに次の網へ移動。
ずっと働き続ける漁師さん、本当にかっこいいです。

金沢|近江町市場のお取り寄せ

そして2箇所目での漁も終わり、最後に市場へ。
一箱50kg程に測量し、どんどん箱が並べられます。
この日は、豊漁だったようで、「第二定栄丸」さんの獲れ高だけで約40箱。
50kgx40箱=2トンです!
他にもコンテナに入れられていたものと、別のイカの箱もたくさん並んでいたので、それ以上の量をタモ4つで全てすくい上げていたと考えると、本当にすごい重労働だと思いました。
前日は15箱だったとのことで、まさに大漁な日に立ち会えてラッキーだと思いました。
行きの立山を見たときの良い予感が当たったような気がしました。

これをホタルイカ漁の期間中毎日行われているのかと思うと、漁師さんたちには頭が下がる思いです。
毎年3月1日から解禁になる富山湾のホタルイカ漁。その中には、雪が降る日もあれば、海が大荒れしている日もあります。私たちが取材した日はとても穏やかな日だったから、その辛い大変な日の状況はどうしても想像をするしかないのですが、とにかくタモを入れてすくい上げる作業がとても危険な作業であると説明を受けました。

金沢|近江町市場のお取り寄せ
金沢|近江町市場のお取り寄せ

全ての見学を終えて、ホタルイカミュージアムに戻っているときに、別の漁船が帰ってきた様子を見ました。
カモメを大漁に引き連れている様子から、あの船もおそらく豊漁だったのだなと思いました。
そして、ホタルイカミュージアムに戻ったら、茹であげられたホタルイカに酢味噌を添えられたものが試食で提供されました。ちょっと暖かいそのホタルイカ、それはそれは本当に美味しかったです。
ホタルイカ、元々大好きな食材でしたが、より愛情が増しました。
これを書いている今も、もう食べたくなってしまっています。笑

私たちが普段おみちょからお届けしている富山湾のプリップリのホタルイカ、
皆様に少しでもどのように獲られているかをお伝えできたらと思い、ブログにまとめさせていただきました。
「イチバのハコ」の「ホタルイカまつり」はまだまだ続きます!
私は、今年、ホタルイカをパスタにしたり、てんぷらにしたり、「あたたかい」状態で食べることにはまっています。なかのみそがとろーんとして美味しいのです。
是非、皆様にもこの限られた期間で、お試しいただきたいです!


ホタルイカ漁の動画はこちらから↓↓