​ふぐ

ふぐと言えば、一般的には下関が有名ですが、実は石川県の輪島市は、2011年から2015年まで天然ふぐの漁獲量が日本一で、今でも全国トップクラスの漁獲量を誇ります。石川県ではフグの中でも「ふぐの女王」を呼ばれる「まふぐ」が特に有名です。

【食べ方】鍋や焼いても美味しいですが、から揚げは最高です。

​カレイ

カレイはカメレオンのように体表を保護色に変える技を持ち小魚やエビを狙って食べます。石川県では「春のさかな」としてカレイが喜ばれます。赤カレイやナメタカレイは春にかけ旬を迎え、底引き網や刺網で多く漁獲されます。

【食べ方】焼いても美味しいですが、自宅で一夜干しにして焼いて食べるのがおすすめです。

たけのこ

春の旬を代表する味。金沢を代表するたけのこの産地、金沢市内川地区では毎年「たけのこまつり」が開催されています。全国的にはわかめとたけのこを煮つける若竹煮が有名ですが、金沢では昆布と一緒に炊く「たけのこ昆布」が一般的です。

【食べ方】穂先は和え物やお吸い物、真ん中は天ぷらや煮物、根元は炒め物やたけのこご飯に最適です。

うど

​金沢近郊は豊かな自然に恵まれ、春になると山うど、タラの芽、こしあぶらなどの豊富な山菜を採ることができます。

【食べ方】皮はきんぴら、身は天ぷらや酢味噌で美味しくいただけます。

【まめ知識】うどを適当な長さに切り皮を剥いた後に身を酢水につけ、あく抜きしてください。

ガスエビ

漁獲量は少なく鮮度落ちも早いため産地以外にはほとんど出回らない「幻のエビ」ともいわれています。お刺身で食べるのが一番おいしいですが、小さいガスエビは唐揚げにしても美味しくいただけます。

【食べ方】頭と殻も味噌汁やり炊き合わせにおすすめで余すところなく食べられます。

​サヨリ

さっぱりとしたうまみとさわやかな香りが楽しめる高級魚です。石川県では魚漁協同組合が認定する「石川の四季のさかな」の春のものに選ばれ、「花見魚」ともいわれます。

【食べ方】刺身で食べるのがおすすめです。

【まめ知識】産卵の前の春の時期が特に美味しい

社名:株式会社 こはく

本社所在地:石川県金沢市本町2-15-1ポルテ金沢3F

E-MAIL:info@ichibanohako.com

TEL:080-3396-8487

受付時間 10:00-17:00 / 土日・祝日のぞく

※営業等のお電話はご遠慮ください。

  • Instagram
  • Facebook
Copyright © Since 2020 IN KANAZAWA HOUSE - All Rights Reserved.

近江町市場の​通販 

アートボード 14.png