れんこん

加賀野菜のひとつ「加賀れんこん」。 加賀れんこんはでんぷん質が多く粘り強いのが特徴で、昔から金沢ではれんこんをおろして調理することが多く、ハス蒸しやすり流し汁にしてれんこんを食べてきました。特に金沢のれんこんはおろして団子にするとき、つなぎがいらない!といわれていて、これが他県産のれんこんとの大きな違いといわれています。

【食べ方】すりおろして、はす蒸しやレンコン汁で召し上がっていただくのがおすすめです。

さつまいも

加賀野菜の一つである五郎島金時。商標登録されており指定農家が栽培したものだけが五郎島金時の名前で出荷ができます。水分が少なく粉質でほくほくとした触感で甘みは強く、全国のほくほく系のさつまいもの中でもトップクラスの品質を誇っています。

【食べ方】天ぷらやさつまいもご飯がおすすめです

ノドグロ

鯛やヒラメをしのぐと言われるのどぐろは、石川県の海の宝です。石川県では通年獲れますが、秋口に特に脂の乗りがよいものが水揚げされます。ノドグロは呼称で、正式名称はアカムツという魚です。神奈川県や千葉県で獲れるソウダガツオもノドグロと呼ばれています。ちなみに、ノドグロと呼ばれる理由はその名の通り喉が黒いからです。

【食べ方】旨味を十分に楽しめる塩焼きがおすすめです

メギス

ニギスは石川県では「メギス」と呼ばれ、全国トップクラスの漁獲量を誇ります。地元ではつみれ汁として食べられることが多いのですが、煮つけやフライ等どんな料理でも美味しく食べられます。お手頃な価格で手に入るため大変重宝されています。

【食べ方】塩茹でしてポン酢で召し上がっていただくのがおすすめです

アオリイカ

スルメイカに比べると漁獲量が少なく高級な部類のイカです。アオリイカは生きているときは透明で透明なほど鮮度が高いです

【食べ方】身が柔らかく甘みも強いため、刺身や寿司ネタにおすすめです

ふくらぎ

ブリの幼魚で10月ごろからふくらぎ(いなだ)を呼ばれます。ブリと比べると脂分は少ないが、身が引き締まりさっぱりとした旨味があります

社名:株式会社 こはく

本社所在地:石川県金沢市本町2-15-1ポルテ金沢3F

E-MAIL:info@ichibanohako.com

TEL:080-3396-8487

受付時間 10:00-17:00 / 土日・祝日のぞく

※営業等のお電話はご遠慮ください。

  • Instagram
  • Facebook
Copyright © Since 2020 IN KANAZAWA HOUSE - All Rights Reserved.

近江町市場の​通販 

アートボード 14.png