最新のよみもの

2020.08.20

おみちょのお母さんレシピ

こんにちは。
イチバのハコを始めて、もうすぐ4ヶ月が経ちます。
皆さまに週3回、旬な食材をお届けしている中で、
私たちはおみちょから常に新たな学びの機会を与えていただき、
また、改めて金沢の食文化の深さに感動を覚えることがあります。
そんな学びや気づきを、少しでも皆さまと共有できたら、との想いから、
スタッフブログを開設いたしました。
些細なものから、取材を通じて多くを学ばせていただいたものまで、
その日によってボリュームやトーンも変わってくるかと思いますが、
そういう日々の何気ない発見を一緒に楽しんでいただけたらと思います。
1回目の今日は、おみちょで働くお母さんレシピをお裾分けです。
おみちょの方々は、旬な食材をパッと調理し、美味しくいただく天才ばかりです。
食材を買う時に、どういう風にして食べると良いかと尋ねると、必ず答えてくれますよ。
先日、9月の【ツキのハコ】でお送りする食材を探し、おみちょをウロウロしていた時、
北形青果さんのおばちゃんとキュウリの話をしていました。
そうしたら、急におばちゃんが白ミニキュウリを自分で浅漬けにするのにはまっているとのことで、
その場で1本分けてくれました。笑

白ミニキュウリ、6月頃からおみちょでよく見かけてはいたのですが、
金沢には加賀太きゅうりがあったり、また旬の他のキュウリの出番が多く、
実は食べたことがありませんでした。
白ミニキュウリの特徴は、キュウリのヘタの部分まで丸ごと食べられ、水分量が多く、
またキュウリの独特の青臭さがとても少ない点です。
なので、浅漬けには確かにぴったりでした!
おばちゃんがはまっているのは、実は白ミニキュウリではなく、それを漬けている市販の浅漬けの素なのですが、
それはここでは割愛しますね。(福岡県で作られているあご出汁のもので、それも美味しかったので、
ダイヤモンド(近江町市場のスーパー)で買って帰りました。)
ちなみに、白ミニキュウリの漬け時間は30分程で十分だそうです。
お夕飯を作る時に一番最初にやっておくとちょうどいいよ、と言われました。
旬なものは、その正しい食べ方さえわかっていれば、そんなに手間暇をかけなくても美味しくいただけますね。
早速作ってみたので、それも写真を載せておきます。
剣先なんばをいれて、ちょっとピリ辛にアレンジしたものも、美味しかったですよ。

社名:株式会社 こはく

本社所在地:石川県金沢市本町2-15-1ポルテ金沢3F

E-MAIL:info@ichibanohako.com

TEL:080-3396-8487

受付時間 10:00-17:00 / 土日・祝日のぞく

※営業等のお電話はご遠慮ください。

  • Instagram
  • Facebook
Copyright © Since 2020 IN KANAZAWA HOUSE - All Rights Reserved.

近江町市場の​通販 

アートボード 14.png